グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2017年06月09日

またまた カモシカ!

続けて3回 カモシカの話題。

めいっこたちが カモシカに会った という話を聞いて

甥っ子たちが とっても うらやましがっていたんだな。

「おれたちも 会いたいなぁ・・・」

って。



そうしたら それから間もなく

甥っ子二人 小学生の兄ちゃんと2歳の弟が 

オレの家の庭で遊んでいたとき

「サン そこでじっとしているんだよ」

兄ちゃんが 弟にそう言うと 家に向かって走ってきた。



母ちゃん 家の中から洗濯物をたたみながら その様子を見ていたんだ。

”あれは カモシカを見たのに違いない!”

そう思ってな 甥っ子が家に向かうと同時に

カメラを持って 外に出る用意をした。



「カモシカが そこにいるんだよ!」

甥っ子兄ちゃんは 家に入るなり血相変えてそう言った。

ママと母ちゃん 慌てて外に出た。



まぁ・・・

すぐそこ トウロウのそばにやつがいた。






じーっと こっちを見つめている。

「見てる見てる・・・」

前回のように 見つめあいが続く。






一度 人間のほうに近づこうとした時

母ちゃん とっさに 甥っ子たちに叫んだ。

「あっ 気をつけて 下がって!」


やはり 子供のカモシカといっても 大きい。

やつがふざけて だとしても 

何かアクションを起こしたら 甥っ子たちがケガをするかもしれない。


そのあと やつは 振り向きもしないで去っていった。





もしかしたら もっと仲良くなりたくて近づこうとしたのかもしれない。

それなのに 甥っ子たちを遠ざけるようなことを言ってしまったこと

母ちゃん やつに対して申し訳ない気持ちもわいたのだけど

やっぱり あの場合は あれで良かったんだ

そう 思うことで決着をつけたんだ。



このあとは しばらく やつは姿を見せていない。

人間と仲良くなりたかったのに 避けられてしまった・・・

やつが そう思ったかどうかわからないけど

今度会った時は 母ちゃん 

やつが近づいてきても 逃げないでいよう・・・

そんなふうに思っているんだけど。

無理かなぁ。


最後に

幼い魂や弱い動物たちが 痛めつけられない世の中になりますように・・・

みんなで祈ろうな。
  


Posted by ジョー母 at 16:47Comments(0)じわっ

2017年05月18日

カモシカ

そんなことがあって ゴールデンウイークになった。
父ちゃん母ちゃんが待ちに待った 姉ちゃんたちがお客に来たぞ。

庭で 父ちゃんと遊んでいためいっこの一人が あわてて報告に来たんだ。

「奥に カモシカがいるんだよ!」

母ちゃんと姉ちゃんが 急いで奥に向かった。

いたいた・・・
だけど この間父ちゃんと見た子よりも小さいんだ。




これは あの大きなカモシカが産んだ子供に違いない。
兄ちゃんが見たと言った あの子に違いない。

父ちゃんと母ちゃん それに 姉ちゃんたち3人とで
しばらくの間 この子カモシカと同じ時間を過ごしたんだな。

やつは 5人のすぐそばで ふらふら遊んで
それから この土手の上まで行って みんなをじーっと見て

やっと 林の中に入っていった。



それから また しばらくしてから 田植えの日の朝

父ちゃんが 外で 何か一生懸命話している。

誰かと電話で話しているのか それとも 誰かが来たのか?
母ちゃんが そう思っていると 

「ちょっと 来てみな」

父ちゃんが言う。

そうしたら 今度は 家の奥の方ではなくて
家の前の土手のところに やつが立っていたんだ。

そうか 父ちゃんは やつと話していたのか。
母ちゃん 今度は 自分のデジカメを持って急いで庭に出た。




いたぞ!
父ちゃんが近寄っても 動かない。

画面の真ん中へんに やつがいるんだけど
小さいから わかるかなぁ。

母ちゃん すぐそばまで行ってズームアップ。




やっぱり 動かないで こっちをじーっと見ているんだ。

「こっちへ来い」

「こっちへおいで」

この時は 姉ちゃんたちとやつにあった時よりも まだ近い距離にいた。
興味深くでもなく 驚くでもなく ただ淡々とこっちを見ている。




それから間もなく やつは 土手の下の方に降りて行ってしまった。

その後 すぐ上の兄ちゃんにその話をしたら
兄ちゃんも 車で走っていたら うちの土手の下の道で見たんだと。

下の道のそばにある家のばあさんが 外にいて
やつと にらめっこしていた 

そう 兄ちゃんが話してくれた。

なんというか・・・
たのしいなぁ。


最後に
幼い魂や弱い動物たちが 痛めつけられない世の中になりますように・・・
みんなで祈ろうな。


  


Posted by ジョー母 at 14:31Comments(0)じわっ

2017年05月17日

カモシカと会ったぞ!

しばらくだなぁ。

母ちゃんな 瞑想の話をアメブロのほうにずっと載せていたんだ。
それが もう だいぶ進んできてな あと少しで 終わりになる。

だから これからしばらくは グンブロで話をしていこうと決めたんだ。


あのな オレの家の奥の方に林があってな
そこに カモシカが住んでいるんだ。

もう ずーっと前
父ちゃんが 母ちゃんに電話をよこした。

「今 俺 奥にいるんだけど 目の前にカモシカがいるんだ」
「そーっと 来てみな」


母ちゃん 急いで そーっと 行ってみた。

そうしたらな 父ちゃんの車があって エンジンは止まっていた。
そこの運転席に父ちゃんが座っていて 前のほうをじーっと見ているんだ。

その 目の先を見てみると 大きなカモシカが立っていた。
母ちゃんも そーっと近づいて車の横にしゃがみこんで カモシカを見た。

それでも カモシカのやつ そのまま動かずにじーっと
父ちゃんと母ちゃんの方を 見つめているんだ。

「こっちへ 来い」

「こっちへ おいでよ」

二人で 一生懸命話しかけてみたんだけど
やつは じーっと 見ているだけ。

「あんな大きな腹をして 腹に子がいるな」

父ちゃんが言う通り カモシカの腹は大きく膨らんでいた。

「そうか 赤ちゃんがいるのか」

しばらく お互い見つめあってから 
やつは 堂々とおしっこを済ませて 静かに 林の中に入っていった。


「すごい体験だったんね!」

母ちゃんは とっても得をした気分になった。
聞けば 父ちゃんは その前にも何回もやつを見ていたんだそうだ。

それからしばらくして 大きい兄ちゃんが来た。
奥の方に車を置きに行ったら 見たんだと。

カモシカを!

兄ちゃん 思わず写真を撮った と言って見せてくれた。

「小さかったから まだ子供だと思う」

写真を見せてもらって 父ちゃんと母ちゃん
あの時の あの大きなカモシカが生んだ子供だな とすぐにわかった。

その時の写真はないんだけど 違うときに撮った写真があるんでな
見てもらいたい。

ほーれ・・




なあ。

野生の生き物と遭遇するってことは うれしいものだなぁ。

クマやイノシシとすぐそばで鉢合わせ なんてことはごめんだけど
(この辺には どっちもいるからな)

やつらとだって ちょっと離れたところからなら 得をした気分になるんだろうなぁ。

まだいくつも写真があるんだけど 今日は この辺で終わりにするぞ。
だって母ちゃん このあと二度も やつに遭遇しているんだもの。

最後に
幼い魂や弱い動物たちが 痛めつけられない世の中になりますように・・・
みんなで祈ろうな。
  


Posted by ジョー母 at 14:34Comments(0)じわっ

2017年03月22日

さようなら・・・

今日はな 瞑想11日目の話は休んで

母ちゃんの そこはかとない寂しさに付き合ってもらおうと思う。




この間 高崎にいる姉ちゃんたちが引っ越してしまう話をしたな。

そして 最後のお泊りに来た時の話。



それが

土曜日のめいっこ妹の卒園式の日に 思いがけず 

母ちゃんが高崎まで行って めいっこたちを連れてきて

お泊りになったんだ。




いつものパターンで

めいっこ姉は 父ちゃんと風呂に入り父ちゃんと並んで寝た。

めいっこ妹は 母ちゃんと風呂に入り母ちゃんと寝た。



次の日は これも今までのように

彼岸のぼたもちと団子を 3人で一緒に作った。



母ちゃんは 彼岸の準備と客人たちの世話に専念していたので

3人の散歩は 一緒にできなかったけど

二人のめいっこは チビのところに行ってきた。



夕方 姉ちゃんが迎えに来て 二人は帰っていった。

バイバイする時に ちょっと寂しさを感じたけれど

それは すぐに通り過ぎた。







ところが 夜 寝る前の瞑想の時

目を閉じた瞬間 

もう あの二人の成長を こうやって見守ることができなくなる・・・

そう 考えてしまった。



恐ろしいほどの喪失感。

目を閉じて じっとしていることなんかできなかった。

”とてもじゃないけど ここでじっとなんかしていられないよ・・”

母ちゃん ベッドから下りて歩き回りたい衝動にかられた。



だけど 寒いし・・・

手元の電気をつけて しばらく胸を押さえていた。



そうしたら 間もなく落ち着いてきて

瞑想の状態に入れたんだ。



寝る前の瞑想は 深い眠りを誘ってくれる気がする。

母ちゃん その日は そのまま眠ることができた。

瞑想    ありがたかった。



そして 今朝

彼岸のあわただしさも一段落したので

母ちゃん めいっこたちの布団や寝間着を片付けることにしたんだ。



もう 二度と着ることがないであろうパジャマ。








タンスを開けたら 小さな下着や靴下。

シャツやズボン。




何度も何度も 一緒に眠った布団。

押し入れにしまいながら 泣けてきた。



もう二度と・・・

と言っても 絶対に来なくなる ということではないんだ。



このパジャマが着られる間には 来ることはない・・

今までのように ちょくちょく来られなくなってしまう 

ということなんだな。



小学校に上がってからは 

以前のように それほど頻繁に来ていたわけではないんだけれど

なんていうか

これから暮らす場所との 物理的な距離感が

3人を 遠い存在にしてしまう。




この寂しさは 一時的なものだとはわかっているのだけれど

でもさみしい。



この場合の感情は 父ちゃんとも共有できないものだ。

父ちゃんだって 寂しいことは寂しいのだと思う。

でも 母ちゃんのそれとは違う。




母ちゃんは 二人が赤ん坊のころから

抱いて おぶって 世話をしてきた。

密着度が 父ちゃんとはまったく違うんだ。



あ~あ・・・

この寂しさは 一人でやり過ごさなければならないものなんだ。

だけど ここで話すことで

もしかしたら 同じ思いの人がいるかもしれない。

春だからな。



共有できる人がいる・・・

そのことは 母ちゃんの心を大いに癒してくれる。

うん だから ここで話す気になった。



お別れついでに 母ちゃん

この靴下ともお別れしようと思ったんだ。






この家のばあちゃんが はいていた靴下。

デイサービスに行くときに

母ちゃんが マジックペンで名前を入れたもの。




まだ しっかりしていたので そのまま母ちゃんがはいていた。

だけど もう 限界になってきた。

ヨレヨレだもの。



だから さよならする。



姉ちゃん・・・

めいっこ姉・・・

めいっこ妹・・・

ばあちゃんのくつした・・・

”長い間 ありがとう”

”さようなら”



最後に

幼い魂や弱い動物たちが 痛めつけられない世の中になりますように・・・

みんなで祈ろうな。





   


Posted by ジョー母 at 13:19Comments(0)じわっ

2017年03月13日

めでたい

今日は 瞑想について語ろうと思っていたんだけれど

予定を変更して 「じわっと」する話題を取り上げようと思う。



それが 新鮮も新鮮 今入った情報なんだ。

なので急きょ この めでたい話題に変更だ!



あのな 郵便配達員のKさん な

オレと仲が良くて ちょくちょく話に出ていた人 

オレの語りに 本当に良く登場していた人。



今 オレの家に 郵便の配達に来たところでな

母ちゃんと会話をして行ったんだ。



「今日は 寒くて・・」

「また冬に 舞い戻ったみたいだ」



「ほんとだね 空も冬空みたいだね・・」



「冬に舞い戻ったところで 小春日和の話をしますね・・」

「俺 最近 スマホにしたんですよ」

そういいながら Kさんが スマホの写真を見せてくれた。



どう見ても結婚式ようの ドレスを着た 可愛らしい女性が写っている。

「あら!  結婚するの?」



Kさん

母ちゃんに なかなか彼女ができないことを よく話していたものだ。

「ようやく 俺にも春が来ました」



母ちゃんは 心からうれしくなって

「よかったねぇ・・・」

「よかったねぇ・・・」


を 連発した。



「で どこで知り合ったの?」

中年女の 根掘り葉掘りが始まった。



「婚活っすよ」

「へ~  そうなんだ」

「婚活でも ちゃんと見つかるんだねぇ」

あたりまえだな。



Kさんより少し年下で Kさんの家で親と同居する・・・

6月が結婚式・・・

母ちゃん ちょっとの間に色々なことを聞き出して

おまけに 世話まで焼いている。



「素直そうな人だから 同居でもうまくやっていけるだろうけど」

「Kさん 奥さんの様子に気を配ってあげてね・・・」

「そして どんな時でも 奥さんの立場になって考えてあげて・・」

ブルーライトカットのメガネをはずし 体を向きなおして

Kさんに おせっかいを焼いているんだ。



「板挟みは 覚悟っすから・・」

Kさんはそのあとも Kさん宅の細かい事情なんかを話してくれて

母ちゃんの いらぬおせっかいも ちゃんと聞いてくれた。



「わざわざ 私に報告してくれたんだね・・」

「ありがとう うれしいよ」



「こんな話 誰にでも話すわけじゃないっすよ」

「仲がいい人にだけ 話してるんすよ」

仲がいい人・・・

それでまた 母ちゃん うれしくなった。



Kさん よかったなぁ!

そして めでたいなぁ!

オレからも 「おめでとう」 を言っておくぞ。




最後に

幼い魂や弱い動物たちが 痛めつけられない世の中になりますように・・・

みんなで祈ろうな。




  


Posted by ジョー母 at 11:49Comments(0)じわっ

2017年03月11日

寂しくなるんだ


今日は じわっとする話な。



オレの語りにたびたび登場してきた 姉ちゃん家族が

この春 引越しをしてしまうんだ。



今までのように 都合がついたから といって

オレの家に ちょっくら遊びに来る

って訳にはいかなくなってしまうんだ。



もう あまり お泊りはできなくなる・・・

と言って 何週間か前に

めいっこ二人が泊まりに来た時の話。



めいっこというのは オレのめいっこであって

父ちゃん母ちゃんの孫にあたるんだな。



孫たちが遊びに来ると 孫と母ちゃんとでまわる

散歩コースがあるんだ。



散歩コースの途中には やはり オレの語りによく登場した

柴犬の 「チビ」 と 黒ブタの 「ラッシー」 がいる。

めいっこ二人とも あいつらのことが大好きなんだな。



散歩の行きかえりには 必ず あいつらのそばまで行って

挨拶をすることを忘れなかった。

特に めいっこの姉のほうは そのほかにも

ひまさえあれば チビのところに行っていた。



その日も 三人で散歩を始めた。

いつもは ばあちゃんの形見のセニアカーに

交代で乗りながら進むのに 

めいっこ姉が単独行動で どこかに消えてしまって 

めいっこ妹と母ちゃんとで 大きな声で呼びながら進んだんだ。



どうやら チビの家に長居をしていたらしい。

母ちゃんとめいっこ妹が 散歩から帰ってしばらくしてから帰ってきて

こう言うんだ。



「わたし チビとお別れして来たんだ・・・」

母ちゃんは ハッとした。

めいっこ姉の気持ちについては 全く考えていなかったからな。



「今度わたしが来る時まで チビがいるかどうかわからないから・・・」

「いっぱい なでて 遊んできた・・・」

「帰ってくるときは バイバイ って言うと悲しくなるから」

「チビ・・・」
 
「って 名前を呼んで帰ってきたんだ・・・」



母ちゃん 聞いているうちに

胸がいっぱいになってしまった。

チビは もう年寄りの犬だから

たしかに めいっこが今度来る時まで

生きていられるかどうかわからない。



母ちゃんは これっぽっちも考えていなかったのに

9歳のめいっこは それを覚悟してチビと会ってきたんだ。

その話を そのまま姉ちゃんにしたら

姉ちゃんも みるみる目と鼻を赤くして

母ちゃんの話を聞いていた。



オレとも クマとも 縁が深かった姉ちゃん家族。

新しい街で 新しい生活が待っている。

父ちゃんも母ちゃんも 寂しくても応援している。

”がんばれ・・!”

ってな。



最後に

幼い魂や弱い動物たちが 痛めつけられない世の中になりますように・・・

みんなで祈ろうな。



  


Posted by ジョー母 at 11:43Comments(0)じわっ